ニューカレドニア 

バス・オプショナルツアー・リムジンサービス 

 
  ニューカレドニアへようこそ!
ここでは旅の準備に欠かせない、情報を現地からお届けします。
基本情報から、旅のアイテム、グルメまで、必見です!
旅行日程のたて方についても、アドバイスしちゃいます!
ステキな想い出作りは、ここから始まりです。。。
 
 

正式名称
:Nouvelle caledonie
日本との時差 : ニューカレドニアの方が2時間進んでいる (例:日本;0時 / ニューカレドニア ; 2時)(GMT + 11)
気候 : 年間通して過ごしやすい。日本と四季が全く逆になる。日本の冬はニューカレドニアでは真夏。
   クーラー対策や、夜間外出用に長袖があると良い。また冬場は海用にラッシュガードがあるとシュノーケルを満喫できる。
通貨 : フレンチパシフィックフラン (CFPもしくはXPFと表記され、ユーロとの固定レート <1ユーロ=119.33CFP>)
両替 : 通常のお店では外貨は使えないため、両替が必要 (銀行の窓口両替はパスポートが必要、通常土曜日・日曜日はお休み)
言語 : フランス語
電圧 : 220V   変換プラグはCタイプ (変圧器がないと使えない電化製品もある)
お店の営業時間 : <平日;08:30〜11:30 / 14:00〜18:00> 
      *土曜日の午後から日曜日にかけて、ココティエ広場周辺はお休みとなるお店が多い!
                   *週末の午後はお酒の販売をしていない!
日本への電話の掛け方 : 00 + 81 + 頭の 0 を抜いた相手の電話番号
      *公衆電話は3種類ほどある。クレジットカードやコレクトコール専用、ICチップ式テレホンカード用、もしくはスクラッチ式テレホンカード用
        テレホンカードは通常タバコやさんなどで購入できるが、自分がどのタイプの公衆電話を使うかによって購入するテレホンカードが違ってくるので要注意!

 
 


 NCの楽しみ方は人それぞれだけど、やっぱり、世界自然遺産の海は必見ですね。
 それに、海だけじゃなく、山にも自然がいっぱいで、見逃せないし、お買い物の時間も取らなくちゃ!
 

 1.まずは季節を選びましょう!
 
 
2.選んだ季節に現地の学校のお休みや祝日があるかをチェック! お休みに重なると、国内線やオプショナルツアーが取りにくくなることがあります。
  お休みや祝日のチェックはこちらから → 
http://www.newcaledonia.jp/info/travel/holiday.html
 3.航空券をおさえたら、空港からホテルまでのトランスファーの予約もお忘れなく!
 
トンツータ国際空港からヌメア市内までは車で約1時間。タクシーは2台しかいないので、シャトルバスの手配をしておいた方が無難です。
  送迎バスのご予約はこちらから。→ smithvoyage@hotmail.com
 *お名前・ご人数・NC到着日・飛行機便名・予約ホテル を明記の上、メールにてご予約ください。
   4.
NCと言えばやっぱり、世界自然遺産のイルデパンや、ウベア島! 
  絶対に、離島へ行くことをお勧めします!ヌメアの街がお休みになる週末〜月曜日がベスト?!
 
国内線を使う場合は、島からヌメアへの戻りが、日本帰国日ギリギリにならないような日程を組みましょう。離島の宿泊は2泊くらいがちょうどいい?!
  月曜日は意外と、ヌメアの観光ポイントのお休みが多い。水族館、自然公園がお休み。朝市も第3月曜日は閉まる。第3月曜日でなくてもあまり賑わいが無い。

 5.
日曜日や祝日にヌメアに滞在するなら、朝市見学やオプショナルツアーの参加を考えよう!
 
ヌメアの中心部のお店はほとんどが閉まるので要注意!逆に朝市は一番賑うが午前中のみなので午後からはツアーに参加するか、ホテルのプールでのんびり?
 6.NCへの到着日が、土曜日や日曜日の場合は、トンツータ空港内で両替をしておこう! 
市内の銀行はお休みです。
 
7.日本からのフライトは深夜到着なので夜食を持って出発するのが良い?! 
 
ホテル到着は夜中になるので、お腹がすいていても食べ物を入手するのは困難です!
 
8.NCは海だけじゃない!山にも行ける時間を取ろう!
 

 *上記はあくまでも、ご参考までに。詳しい、ご相談・お問い合わせは、お気軽にこちらまで。  

 
 海外旅行に忘れてはならないのが  パスポート。
 でも、その他にあったら便利な物ってたくさんあるんです!
 
  バケーションなんだから、とは言っても、 時計は必要です。飛行機に間に合わなくなったら困ります。
 NCはやっぱり、南の島。日差しがものすごくきついので、帽子は必須アイテム。それに日焼け止め用意しておきましょう。
 旅の想い出をつめこむ ビデオカメラデジカメを忘れる人はいないでしょう
 でも忘れがちなのが、充電器を使うための変換プラグ。どんなに性能がよいカメラを用意しても、バッテリーがなくなったら終わりです。
 それから、なんと言っても思ったよりも写真を撮ってしまうのがデジカメ。せっかく取った写真を消さなくちゃいけなくなってしまう!
 なんてことが無いように、多めに、メモリーカードも用意しておきましょう。
 
 NCはフランス領。美味しいワインが安い値段で手に入ります。夕日を見ながら、お部屋で飲んだりしたら、とっても優雅。
 ワインオープナーがあると便利です。そして、平日のうちに購入しておきましょう!週末の午後はお酒の販売をしていません。

 NCに行くのに水着を忘れる人はあまりいませんが、ディナー用のワンピシャツも忘れずに!
 後は、オプショナルツアー参加用にスニーカーもあればバッチリデス!

 歩きすぎで靴擦れが、、、 バンドエイド
くらいは持っておきましょう。
 それに、美味しい物を食べるのも旅の一つの楽しみ。食べすぎることは目に見えています!そんな時胃薬があればもっと食べれる?!
 そして、やはり、環境の変化には、かなわないことも。外国で医者にかかるのは大変です。最低限の薬は用意しておきましょう。
 
 
 
 旅のもう一つの醍醐味はグルメ。NCの美味しい物リストです。

 NCはなんと言っても島国。シーフードが豊富です。中でも1番のお勧めがえび。滞在中1度は食べてみましょう。
 バゲットと呼ばれるフランスパン。スーパーによっては、数時間ごとに焼き立てを出しているのでそれを狙いましょう!
 南国と言えば果物。NCでは11月下旬からライチマンゴウが食べごろです。朝市で珍しい果物も試してみよう!
 フランス人の朝食、クロワッサン。ホテルの朝食でもたいてい置いてます。
 フランス人が食後に必ず飲むのがコーヒー。日本で言うエスプレッソです。
 
 
 

 

ページのトップへ

 


HOME|  ENGLISH|  FRANCAISE|  日本語トップ トランスファー|  オプショナルツアー|  お問い合わせ 

 
©